歯科で歯磨きの練習

子供のための歯科の設備

トップ / 子供のための歯科の設備

保険とクリニックの情報

歯科に定期的に行くことが大切 

虫歯や歯周病を予防するためには定期的に歯科に行かなくてはなりません。歯の腫れや痛みなどのトラブルが無いときには病院まで行かないという人が多いですが、歯の痛みが無くても歯周病になっている人は多く、ちゃんと歯磨きをしていても悪化してしまいます。通常落としきれない歯石の除去や歯周病菌を殺菌してくれるので、歯がいつまでも健康に保てます。三か月に一度のペースで行くと虫歯や歯周病が防げますし、歯科衛生士にどのように歯磨きをすれば良いかの指導もしてくれるので、正しい毎日の歯磨きを実践することで綺麗な歯になります。

かかりつけの歯科を持っておこう 

虫歯になった時、痛みを感じた時でなければ歯科に行くことはないと思っている方も多いことでしょう。しかし、私たちの歯の状態は日々変わっていきます。自分で気が付いていないけれど歯に深刻なダメージを受けてしまっていることもあるのです。それを防ぐために、定期的にチェックしていく必要があります。しかし、自分で見ただけでは判断できないことも多いですし、見えない部分もあります。数か月ごとにでもよいので、歯科の定期検診を受けるようにすると、長く自分の歯を保つことができ、年を取ってからの生活の質を上げることにつながります。